きもの処公文

公文のブログ

卒業式に袴を着るのは なぜ??

2017.3.17

卒業式と言えば袴姿♫

公文でも小学生から専門学生・大学生・学校の先生方と幅広く、

卒業袴をお求めにご来店下さいます。

 

「成人式では赤色でかわいい雰囲気だったから、今回は大人っぽい袴姿にしたいなぁ♪」

「はいからさんが通る!みたいなレトロな矢絣の袴を着たいです♡」

皆様、袴選びにドキドキ・ワクワク(*^_^*)

 

 

そんな袴姿・・・

そもそも女子学生の袴姿がはじまったのは、明治時代の中頃。

女性が学校に通うようになり、制服として用いられました。

けれど、明治初期には、なんと!なんと!

女学生は男性用の袴を履いていたそうです!!

その姿は、「醜くあらあらしい」と、世間からの評判が悪く禁止されてしまいます。

そこに現れたのが教育者の下田歌子さん。

諸説あるのですが彼女が袴にプリーツを入れてスカート状にし、より動きやすく優美さも兼ね添えた袴を提案し、女学生の制服となっていったそうです。

現在、卒業式で女子学生や教職員に袴スタイルが受け継がれているのは、こうした学業との結びつきがあるからなんですね。

 

 

3月の卒業式まであとわずか・・・

学業最後の思い出に「袴姿」

おすすめでございます!

詳しくはこちらをご覧くださいませ。

 

 

きもの処公文

初着・七五三・成人式振袖・紋付羽織袴・訪問着 各種着物レンタル取り揃えております。

着物の直し・帯や襦袢のお手入れ・着物クリーニングなど、見積もりご相談無料で承ります。

他店でお買い求めの着物もお気軽にお持ちくださいませ。

 

高知県高知市春野町弘岡中1786 

電話088-894-2975  

年中無休