きもの処公文

公文のブログ

お雛様の十二単 本当に十二枚?

2017.3.18

今日は桃の節句・雛祭りですね♫

女性なら、なんだかワクワクしませんか?

そこで、今回はのお雛様の着物についてお話します。

 

 

お雛様といえば、豪華絢爛な十二単(じゅうにひとえ)✨

ではでは、十二単とは、どのような着物でしょうか???

「十二枚の衣装を着ている!」と、いうことでは ないんです(*^_^*)

 

 

十二単、元々は平安時代の儀礼用・正装でした。

そして、よく聞く「十二単」とは俗称で、

正式名称は「五衣唐衣裳(いつつぎぬ からぎぬも)」といいます!

とっても かみそうな名前です(*_*)

五衣(いつつぎぬ)、唐衣(からぎぬ)、裳(も)とは、

それぞれ重ねる衣装の名前で、何枚も何枚も衣装を重ねて着るため、

なんと!なんと! 重さは20キロ以上のものも あったそうです。

なので、十分に十二分(じゅうにぶん)に たくさんの衣装を身に着けているので、

「十二単」と呼ばれるようになったといわれています。

豪華絢爛でとてもきれいですが、なかなか大変ですね。。。

 

 

 

そして、ひな祭り・桃の節句について。

この日は春を喜び、無病息災を祈る日です。

昔は縁起の良い奇数が重なる日は おめでたい反面、よくないことが起こりやすいとされ、

災いを払うために人形に厄を移し、川に流したそうです。

やがてひな人形を飾り、女の子の成長を祝う行事へと変化していきました。 

ですが、子供をおもう親の愛情は 昔も今も変わらず

今宵はお雛様を眺めながら、春を頂きます♫

 

 

きもの処公文

初着・七五三・成人式振袖・紋付羽織袴・訪問着 各種着物レンタル取り揃えております。

着物の直し・帯や襦袢のお手入れ・着物クリーニングなど、見積もりご相談無料で承ります。

他店でお買い求めの着物もお気軽にお持ちくださいませ。

 

高知県高知市春野町弘岡中1786

電話088-894-2975  

年中無休